中古住宅のリノベーションで耐震性を付加しよう

リノベーションはリフォームのように物件を修復するだけでなく、新たに機能を追加できる手法で、既に決まっている間取りを変更したり、古い台所をオーダーキッチンに変えてみたり、タイル張りの浴室をユニットバスに入れ替えるなど、物件のあらゆる変更が可能です。

古き良きわら葺き屋根の住宅であっても、近代的な外装を取り入れ、洗練された外観でありながらどこか懐かしい家に仕上げることもできます。

中古マンションのリノベーションの情報を得られます。

こういった楽しみができるのがリノベーションの魅力ですが、中古住宅を使うということは、やはり耐震性が大丈夫なのか気になるところです。



近年では東日本大震災の災害があったことから、建物の耐震性能は、住居者にとって強く意識されるものとなっています。

そのため中古住宅であっても、地震などの災害で倒壊しないような耐震性のある物件を探す人も多いようです。



リノベーションとは建物の基礎、骨組みになる梁や柱を残したほとんどの部分に手を加えるため、構造部分の補修や補強が可能となっています。

柱などに筋交いを通したり、構造用面材で強化することも可能ですし、床耐荷重を補強、加えて防火性のある壁に変えることもでき、より快適な住まいを実現できます。

その分、建物の壁を破って骨組みの状態にまでするため、費用や工事期間がかかり入居まで日数を要しますが、安全性を向上させることができるので悪くない選択でしょう。

何より耐震性で物件を選ぶ必要がないため、好きな立地で中古住宅を選べるのが最大のメリットとなります。


Copyright (C) 2015 中古住宅のリノベーションで耐震性を付加しよう All Rights Reserved.