中古車販売の儲けの仕組み

中古車の取り扱いをする業者は、買取や販売が主となり、整備や板金塗装、コーティング、保険手続きなど様々な手段で収入を得ます。

ここからは、細かな自動車販売での儲けの仕組みを説明します。

販売店にとって車売ることは、その後のお客の囲い込みにもなります。

多くの人が購入店にメンテナンスを依頼します。

車を売っておけば、その後においてメリットとなります。ディーラーや販売代理店以外の自動車取扱業者では、新車の販売よりも中古車販売に力を入れます。


中古車販売は、仕入れ価格が車両ごとに異なり、自身で決めた販売価格で販売が可能です。

中古車がとても人気であることがわかります。

とは言え、店舗在庫が売れないこともあり、最近では、インターネット販売が主となるため、店舗での在庫を少なくし、ネット掲載させ、実際に客が訪れたり、電話やメールで情報を得るということがほとんどで、万が一、車両確認に訪れた客がほかの車を希望する際に、オークションにてお気に入りの車を買い付けるという方法で仕入することもあります。

客から予算を聞いてそこからある一定の金額を引いて、仕入れを行います。

素敵なOKWaveの最新情報を公開しています。

販売価格以外には、保険加入コミッション、ローン加入のコミッション、各種手続きの手数料、コーティングなどのサービス費用、保証料、納車費用が儲けで、それ以外に整備費用が掛かります。


整備費用以外は丸儲けに近い費用で、整備費も部品の儲けがわずかにあり、工賃が取れますが整備士人件費や外注費がかかるので、それ以外の費用に比べて負担があります。
インターネットの掲載には車両本体の販売価格のみであり、消費税と各種諸費用を加えると大きな格差が出ます。